ブルーライン三ツ沢下町駅、三ツ沢下町駅周辺の皮膚科なら、三ツ沢皮膚科クリニックへ。アトピー性皮膚炎、いぼ、にきびなどお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら

ご意見・お問い合わせ
受付時間
平日 : 9:30~13:00/14:30~18:00
土曜 : 9:30~13:00
休診日 : 日祝・水曜
赤ちゃん子供の皮膚病

乳児湿疹(脂漏性皮膚炎・新生児にきび)

一言でどんな皮膚病?

赤ちゃんのころにできる皮膚炎をまとめて乳児湿疹と呼びます。一部はアトピー性皮膚炎になることもあります。

原因

赤ちゃんの肌は薄く、バリア機能も未熟なために、ちょっとした刺激により肌のトラブルが発生しやすいのです。また、ママからもらったホルモンの影響もあります。

症状

赤い発疹、かさつき、ニキビ様のプツプツ、黄色いかさぶた、ただれなど症状はいろいろあります。一定の症状をもつものを以下のように呼んでいます。

アトピー性皮膚炎

顔から始まり、全身に拡大してゆく乾燥肌をベースとした痒い発疹です。長期間症状が続きます。

乳児脂漏性湿疹

生まれてから間もなく発生します。頭、眉毛、鼻、耳、髪の生え際、脇の下、胸、おへそ、背中などに黄色いかさぶたや赤い発疹がでます。生後2~3か月までは皮脂分泌が多いために起こると言われています。アトピー性皮膚炎と異なり、乳児期に治ってゆきます。

新生児ざ瘡(ニキビ)

生まれてから間もなく発生します。顔に赤いまたは白い点をもったプツプツができます。お母様からもらったホルモンの影響と言われています。いずれ消えてゆくので、スキンケアが大事です。

診断

上記の症状や家族のアレルギー歴などから総合的に判断します。発生した初期は診断が難しいことがあります(例 アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎)。

治療

アトピー性皮膚炎以外は、自然治癒しますのでスキンケアが重要です。
皮膚炎がひどい場合は、非ステロイド外用薬、弱いステロイド外用薬、亜鉛華軟膏などを使用する場合があります。

赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんの肌は、

  • 薄く弱く刺激に弱い。
  • 乾燥しやすい(生後2~3か月までは皮脂が多いですが、以降は乾燥傾向になります)。

などの特徴を持ちます。

よって、

  • 入浴は赤ちゃん用の低刺激石けんを用いて、十分泡立てて優しく洗う。
  • 乾燥肌は保湿ローションやクリームを使用する。

などのスキンケアを行います。

治療のご案内

大人の皮膚病

  • アトピー性皮膚炎
  • ウイルス性イボ
  • 老人性イボ
  • 水虫・爪水虫
  • にきび
  • 手荒れ・接触性皮膚炎
  • 魚の目・タコ
  • ほくろ
  • 蕁麻疹
  • その他の大人の皮膚病

赤ちゃん子供の皮膚病

  • 小児アトピー性皮膚炎
  • 乳児湿疹(脂漏性皮膚炎・新生児にきび)
  • オムツかぶれ・あせも
  • 小児ウイルス性イボ
  • その他の小児の皮膚病

自費治療

  • AGA
  • ピアス
  • プラセンタ
  • シミ
インフルエンザワクチン

受付時間・アクセス

受付時間
午前
9:30~13:00
午後
14:30~18:00
医師勤務表
午前
9:30~13:00
飯田 飯田 飯田 飯田 飯田
午後
14:30~18:00
飯田 飯田 飯田 飯田

休診日: 日祝・水曜

住所:
〒221-0852
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢下町12番地5号
151Aビル 4階 三ツ沢皮膚科クリニック

横浜市営地下鉄ブルーライン三ツ沢下町駅1番出口徒歩0分
契約駐車場あり(60分まで無料)。