ブルーライン三ツ沢下町駅、三ツ沢下町駅周辺の皮膚科なら、三ツ沢皮膚科クリニックへ。アトピー性皮膚炎、いぼ、にきびなどお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら

ご意見・お問い合わせ
受付時間
平日 : 9:30~13:00/14:30~18:00
土曜 : 9:30~13:00
休診日 : 日祝・水曜
三ツ沢皮膚科ブログ

月別アーカイブ2020年9月

急な蕁麻疹には

急な蕁麻疹には

こんにちは。

急に痒くなって、
目や口が腫れてしまう、

こんな症状に悩まされていませんか?

医学的には「急性蕁麻疹」(そのままですが)と言います。

意外ですが、
内科ではなく皮膚科分野です。

  • ある人は朝起きたら
  • ある人は冠婚葬祭のあと
  • 旅行中のレストラン
  • 大事な商談の前...。

痒いのもイヤですが、突然出てジャマをします。繰り返す場合もあります。

忙しい時夜間休日帯などクリニックに行けない時出るのも特徴です。

原因は何かの拍子に体が免疫物質のヒスタミンを大量に作ってしまう事。

  • ストレス
  • 疲れ
  • 気候変化
  • 仮性アレルゲンと呼ばれる
    エビやカニトロロなどの
    ご馳走系に多く含まれる物質
  • バファリンなどの薬など、

多因子が絡み合う特発性70―80%を占めます。
つまりはっきりした原因が特定できないという事。

でも、手を打つことは可能です。

当院では必要に応じて採血も行い、
お話から発症パターンを掴み
予備薬、救急時の対処などプランニングしていきます。

タイ旅行中のレストランでデザートを食べた瞬間
顔が腫れてしまった患者さんは、
とっさに予備薬を飲んで何とかホテルへ戻れたそうです。

備えあれば憂いなしです。

アナフィラキシーにエピペン

アナフィラキシーにエピペン

こんにちは。

9月が始まりました。
9月9日は救急の日ですが気をつけていても不慮の事態は起こってしまうものです。

事故や急病ほか、近年増えているのが

「アナフィラキシーショック」

死ぬ事もある重症のアレルギーのことです。

原因物質に触れて数分や数時間でショック状態になり命を落とすこともあります。

アナフィラキシーの原因

一位:食べ物

二位:

三位:ハチなどの虫

給食の誤食ハチの事故をニュースで見た方も多いと思います。
既往のある方原因を避けつつ万が一に備えなくてはなりません。

そんな時ショックを抑える自己注射薬「エピペン」という救急薬があります。

血圧低下を防ぎ搬送を待つ間の時間稼ぎをします。

あくまでも医療へのアクセスが前提なので、(時々要望があるのですが)秘境旅行のお守りや命の保証にはなりません。

発症したら

速やかに太腿に注射して

救急要請をします。

病院到着後本格的な治療を開始します。

すでにエピペンをお持ちの方有効期限は大丈夫ですか?
冷静に対処出来るようキットの練習模型手順も確認しておきましょう。

当院ではエピペン処方も行っています。

お気軽にご相談ください。

受付時間・アクセス

受付時間
午前
9:30~13:00
午後
14:30~18:00
医師勤務表
午前
9:30~13:00
榎本 榎本 榎本 榎本 非常勤医師
午後
14:30~18:00
榎本 榎本 榎本 榎本

休診日: 日祝・水曜

住所:
〒221-0852
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢下町12番地5号
151Aビル 4階 三ツ沢皮膚科クリニック

横浜市営地下鉄ブルーライン三ツ沢下町駅1番出口徒歩0分
契約駐車場あり(60分まで無料)。